校長室

百十年を超える歴史と伝統、総合力で生徒の夢をかたちにする。

宇部フロンティア大学付属中学校のホ-ムペ-ジをご覧いただき、ありがとうございます。
香川学園は明治36年に創設され、今年で112年目を迎える歴史と伝統を持つ私立学校です。
 学園の創始者・香川昌子先生の建学の精神「自主・自立・共生・礼節」と、付属中学校の創設者・新造節三先生の「気力の充実した青少年の育成」という教育方針を「不易」の教育理念として、新たな時代を拓く人材の育成をめざしています。
 今後、我が国が超少子高齢・人口減少社会に移行し、我々の想像を越えたグローバル化・多極化が急速に進む大きな変革の時代を生き抜くためには、答えのない難題の解決に向けて、知的好奇心を高め主体的に学ぶとともに、チームで多様な人々と協働して取り組む態度の育成が求められています。
 本校は、幼稚園、中学、高校、短期大学、大学、大学院を擁する総合学園の一員でもあり、多様性と総合力を兼ね備えた強みを生かして、多彩な人材を活用した総合的な学習の時間や学校行事など、他校にはない特色ある教育活動を展開しています。
 また、本校では、今後の大学入試改革等が求める資質・能力の育成をめざし、中学校固有の教育プログラムを作成するとともに、主体的・協働的な学習・指導方法であるフロンティア・ラーニング(フロンティア型アクティブ・ラーニング)に取り組み、生徒一人ひとりを大切にした教育を研究・実践しています。
 さらに、学力の向上だけでなく、スポーツや文化活動を通して頑張り抜く力や個性を育成するため、部活動を積極的に奨励し、「文武両道」を校風としています。
 本校では、豊かな人間性と高い専門性、幅広い経験と知識を備えた教員が、皆さんの夢の実現と新たな時代を拓く力の育成に向け、情熱と使命感をもって指導・支援いたします。
 小学校6年生の皆さん、どうか、「面倒見のよい」本校の教育を信じて受験され、入学していただきたいと思っています。
 来春、本校キャンパスで待っています。

校長 藤澤 正信