令和4年度 校内弁論大会

令和4年7月8日(金)5・6限に、本校の伝統行事の一つである校内弁論大会が実施されました。

新型コロナの影響で、リモートによる実施が続いていましたが、本年度は3年ぶりに多目的ホールに全校生徒が集まって発表を聴くかたちに戻りました。

各クラスから3名ずつ代表が出場し、自分達の主張を全校生徒の前で堂々と繰り広げました。論の内容や展開だけでなく発表の仕方にも工夫があり、出場者全員が高いレベルで競い合いました。「さすが付中生」と思わせる弁論に、会場の全員が興味深く聞き入っている様子でした。以下、入賞者です。

 

1位  内海 愛希(1年2組) 「違うことがその人の魅力」

2位  松本 光平(3年1組) 「真の平等とは」

3位  長安 穂乃花(1年1組) 「犬の帰巣本能」           

特別賞 白石 悠森(2年2組) 「数学を学ぶと人生が変わる?」